社員紹介

エンジニア 2013年新卒入社 / 星 北斗(インフラストラクチャー部長) 社員の志が入社の決め手

好きなことをとにかく学び続けた

ー学生時代について
高校生の頃は文系で、趣味の範囲で簡単なプログラムを書いたり、サーバー構築などをしていました。高校卒業後、以前から興味があった情報法や政策を学ぶために大学へ進学しました。大学の研究室では、センサネットワークのセキュリティやパブリッククラウドの性能など技術的な領域において研究をしたり、研究室のサーバーやネットワークの管理をしていましたが、授業や他の研究室で法律や政策についても学んでいました。元々インターネット関連技術やインターネットサービスが好きだったので、それに携わる仕事に就きたいと思っていました。

社員の志が入社の決め手

ー入社理由について
大学生活において、研究室にこもりがちだった当時の状況を変えたいと思い立ち、学生アルバイトを募集している企業で働いてみようと考え、学部三年の時クックパッドに応募しました。当時は学生アルバイトという大きな枠があっただけでしたが、面接時に挑戦したい職種を伝えると、希望通りセキュリティ寄りのインフラエンジニアとして配属され、その後約三年間アルバイトとして働きました。アルバイトを通して、今の仕事を自分の仕事としていきたいということに加え、エンジニアに限らず、役割はそれぞれ違っていても、ユーザーに価値を届けるという視点のもとやるべきことに強いこだわりを持って取り組む会社と社員に惹かれ、クックパッドへの入社を決めました。

サービスの基盤づくり

ー現在の業務について
いわゆるインフラエンジニアと呼ばれる領域とセキュリティエンジニアと呼ばれる領域をまたがって仕事をしています。サービスを動かすサーバーやネットワークの設計・構築・運用を中心に、それらの脆弱性(セキュリティ上の弱点)対策や侵入検知、監視システムの構築などを行っています。クックパッドで日々開発されるアプリケーションにセキュリティ上の問題がないか調べてそれを解消するお手伝いをしたり、普段の開発の中で問題が起こりにくいよう改善をするといった、インフラエンジニアの守備範囲からは一見外れているような部分も担当領域です。またサービスだけでなく、社内の情報管理などいわゆるオフィス側の情報セキュリティについても中心となって日々の対策や啓蒙などに取り組んでいるため、セキュリティというキーワードを軸に少し広い領域で仕事をしています。

身近な人の役に立てる

ー仕事のやりがいについて
もともと、派手ではなくとも人の役に立てるようなものを作ることが好きでした。
今でも自分の仕事は裏方と呼ばれるような領域がメインではありますが、その成果はサービスを通して多くの方に届きます。そのため仕事で何かを達成したときに感じるやりがいは大きいです。当然それは失敗があった時の影響が大きいということでもあり、プレッシャーを感じることもありますが、そのおかげもあり適度な緊張感をもって仕事に臨むことができます。責任もありますが、裁量もありますので、自分たちが考える理想のインフラやセキュリティに向けて集中して取り組むことができます。
クックパッドはとても多くの方にお使いいただいているので、自分が関わっているサービスを通して身近な人の料理が楽しみになったり、生活が便利になっていくのを感じることができます。私にとっては、それが仕事において最大のモチベーションであり、やりがいだと感じています。
※2015年6月現在

このページの先頭に戻る